夕食後述の密かな強み

わたくしには、サパー帰路の密かな喜びが存在します。それは録画しておいたテレビ番組を丸ごと鑑賞することです。
ドラマ、ドキュメンタリー、動画とモデルは様々ですが、気になった番組をとにかく録画して置き、サパー帰路の暇を利用して、その中から観たいものを例えばドラマなら2~3報告連続して視聴するのだ。
昔は、VTRがかさばってどうしてもこの喜びを常々積み重ねることも難しかったのところが、今はハードディスクに大量記録もらえる時世となりました。愛する番組はブルーレイディスクに保管し、何たび無く再鑑賞したりもしています。
最近は動画をショーやるのが楽しくなってきました。ウィークに何回かプログラム浴びる動画番組を記録し、サパー後にお酒を呑みつつのんびりって観て、これはおかしいと思った力作をブルーレイに焼いてコレクトしていくのだ。勿論、吹き替えされているものですし、時刻の関係でカットされて要るシーンもあるのだが、それも一種の景色だ。通り掛けのアピールも含め、商品化されているソフトでは味わえない固有の楽しみ方が出来るとわたくしは考えています。
種類化されている動画などが何ウィークにか渡って一挙プログラムなどと言った時は、心が高鳴ります。その集大成を記録し、太陽をずらしてサパー帰路の密かな喜びとするのだ。以前に観たおんなじ動画を何度も録画することもあるのところが、それも面白いものだと個人的には感じています。常々、「今日はどの番組を見ようかな」とムズムズがとまらないのだ。ソーシャルレンディング