夕飯帰路の密かな味わい

自分には、夕御飯先の密かな楽しみが存在します。それは録画しておいたテレビ局を丸ごと鑑賞することです。
ドラマ、ドキュメンタリー、写真とグループは様々ですが、気になったTVをどうしても録画して置き、夕御飯先の暇を利用して、その中から観たいものを例えばドラマなら2~3陳述連続して視聴するのだ。
昔は、映像がかさばって随分そういった楽しみを四六時中積み重ねることも難しかったのだが、今はハードディスクに多量録画できる時世となりました。愛するTVはブルーレイディスクにセットアップし、何都度無く再鑑賞したりもしています。
最近は写真をコレクト始めるのが楽しくなってきました。ウィークに何回か放送達する写真TVを録画し、夕御飯後にお酒を呑みつつのんびりって観て、これは興味深いと思った品物をブルーレイに焼いてコレクトしていくのだ。勿論、吹き替えされているものですし、時間の関係でカットされて要るシーンもあるのところが、それも一つのニュアンスだ。通りがけのコマーシャルも含め、商品化されている温厚では味わえない斬新の楽しみ方が出来ると自分は考えています。
関連化されている写真などが何ウィークにか渡って一挙放送などと言った時は、胸が高鳴ります。そのトータルを録画し、太陽をずらして夕御飯先の密かな楽しみとするのだ。以前に観たおんなじ写真を何度も録画することもあるのだが、それもおかしいものだと個人的には感じています。四六時中、「今日はどのTVを見ようかな」とムズムズがとまらないのだ。オーディション情報